2013年10月14日

    「R100」とかくだらねえ映画つくってんじゃねえぞ、この野郎

    おい、松本人志
    「R100」見に行ったぞ、この野郎
    ネタバレありで、感想書いてやるからな、ちくしょう

    ネタバレ感想見たくなかったら見ない方がいいぞ、バカ野郎

    o065009191038909_650.jpg


    英語字幕版見に行ったけど、
    字幕書いてんの「ジパング上陸作戦」のチャド・マレーンじゃねえか


    1002_s.jpg


    最近、テレビで見ねえと思ったら字幕書いてたのかよ、この野郎
    しかも調べてみてたら「ジパング上陸作戦」からコンビ名「チャド・マレーン」なってんじゃねえか
    それ、もうコンビじゃなくてお前じゃねえかよ、バカ野郎


    そんなことより、松本人志
    見終わって思ったが、ビビってんなら映画なんか撮ってんじゃねえよ
    100歳のジジイじゃなくて、お前が撮った映画だろ、逃げてんじゃねえぞ、この野郎


    そもそもな、キャッチフレーズの「そして父はMになる」ってなんだ、おい
    是枝監督がカンヌで審査員賞とった「そして父になる」のパクリじゃねえか
    スクリーンが隣同士で、「R100」の方に入るの恥ずかしかったぞ、この野郎


    はじめからダメな映画なんじゃないかと思っちゃったじぇねえか
    「VISUALBUM」も繰り返し見てるぐらいお前のこと好きなのにガッカリじゃねえか
    ちなみに「VISUALBUM」は好きで今もよく見てるからな


    それによ、ネットでは客少ねえ、少ねえって話題だったけど
    六本木は意外と客入ってたから驚いたぞ、おい


    おい、そんで、いざ始まったらいきなり冨永愛でてきたなあ
    いっしゅん、草なぎ剛かと思っちまったじゃねえか、おい


    t02200165_0400030010328888345.jpg


    でよ、なんか全体的に明かり抑えめで、フィルムノワールっぽいよなあ
    なに映画っぽいことしてんだよ、今までのスタイル崩してんじゃねえよ


    しかし、大地真央のボンテージは思いの他いいじゃねえか
    サトエリのボンテージもクソいいじゃねえか、この野郎


    o05000352r100.jpg


    あと、渡部篤郎もなんかおもしれえな
    上手いとか下手とかじゃなくて、なんかおもしれえな


    あと、悔しいけど、片桐はいりが丸呑みの女王様として出てきたとき思わず笑っちまったよ、この野郎
    片桐はいりなんて独特な顔が売りなのに、その顔をちゃんと見せないって、思いもよらなかったぞ
    「キャシー塚本」みたいなハチャメチャボケで松本人志っぽかったじゃねえか


    でもよ、やっぱ、コントなんだよ
    「R100」は映画じゃなくて、規模の大きなコントなんだよ


    しかも今回はパート分けしてショートコント形式にしてるし、
    試写会とか変な設定入れて、ツッコミしてたけど、なんか悲しかったぞ
    説明したら寒くなるんじゃなかったのかよ、不安がってんじゃねえよ


    「MHK」見たときも思ったけど、
    "逆に"、浜田雅功に協力してもらった方がいいんじゃねえか


    松本人志は天才かもしんねえけど、
    ダウンタウンに欠かせないのは浜田雅功の方なんじゃねえか?


    フジテレビで始めた「ワイドナショー」なんか見てても、
    放送作家の高須光聖と一緒に「放送室」やったの聞いてたりしても、
    お前が北野武に憧れてるのはよく分かってるからよ


    そんで、北野武に近づこうと思うたびに失敗してきたのも皆知ってるからよ
    イカロスみたいに北野武に近づき、そして堕ちていく様をずっと見てきたからよ
    でも、そんな松本人志を悪く言いつつも気になってるからよ、北野武を目指して頑張れよ


    そろそろ、北野武みたいに自分自身をモデルに映画作ってみたらどうなんだ
    松本人志は北野武みたいに臨死体験したわけではないけれど、それがどうした


    「R100」なんてしょうもない映画作っちゃったよ、ハハハって笑ってくれよ
    芸術とか独自性とか臭いセリフを言ってんじゃねえよ、ハハハって笑ってくれよ


    松本人志の神髄はコントだろ
    映画なんかいらねえから、「VISUALBUM」みたいなコントをスクリーンで披露してくれよ


    VISUALBUM




    正直、映画として成立してなかったけれど、「R100」はおもしろかったぞ
    クソ映画だけど、声出して笑えたシーン、しっかりあったよ
    世界一下品な第九が聞けて、クソ映画だけどおもしろかったよ


    だからよ、またクソな映画撮ってくれよ
    なんだかんだ全部見に行ってるからよ


    最後に、どっかに書いてあったけど「R100」ってタイトルについて
    高須に「まっつん、R100じゃ誰も見れへんやん、なに考えてんねん、自分」
    みたいなこと言われたんじゃないだろうな、なんかそんな感じの映画だったぞ
    posted by ライオネスCHAGE at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:


    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。